So-net無料ブログ作成
検索選択

バスケに必要な筋力2 [趣味]

ひと月ほどお休みしていた、休日の“バスケ筋”のお勉強ですが(^^;
久々に休日ネタとして、お勉強したいと思います。

バスケに必要な筋肉を、筋力不足で恥ずかしかった実体験を解剖書に落とし込んで
どうやったらバスケで恥ずかしいプレイが少なくなるか(^^;考えています。

今日は、バスケをやっている人またはやっていた人に聞くと必ず
「体のここはバスケで必ずたくましくなる」と言ってくれるであろう、筋肉です。

大腿四頭筋。大腿の前方をはしる4つの筋肉の総称です。
股関節の屈曲と膝関節の伸展に関与します。

バスケでは、特にディフェンスの際に
腰を落として、しかし上体は起こして正面を向くような
(いわゆる“昔のスクワット”の)姿勢が求められます。

その姿勢を維持するため、そして
その姿勢から素早く横や前後に動くためには
この大腿四頭筋が大きな力を発揮するのです。
そのため、代表的な”バスケ筋”と言えます。

鍛えるには?


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

バスケに必要な筋力 [趣味]

先日宣言したとおりhttp://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-06-06
バスケに必要な筋肉を、実体験を解剖書に落とし込んで、勉強していきます。

まずは…レイアップシュートで踏み込めずに
思わずガクッとお尻が落ちてしまうような経験をしました。
余りに衝撃的だったので、まずはこれを防ぐために必要な筋肉は?についてです。

おそらく足りなかったのは股関節の伸展筋力です。
最大の筋力を持つのは、大臀筋です。
お尻のところにグルーッと巻きつくように走行する筋肉です。

これが足りなくて、膝折れというか、お尻が落ちたりしたのですね…(TT)

鍛えるには!


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

バスケには筋力が必要 [趣味]

中学生の頃からバスケットボールをしていて
高校では結構(恐らく勉強の3倍くらい^^)頑張って
大学ではチームの中心で、在学中ずっと大会を戦った気がします。

大学のチームは医学部の女子バスケット部でしたので、
未経験者が多く、運動部自体も人生で初めてという部員も結構いました。
(それなのに、バリバリの体育会系の部活でした^^)
専門コーチなどいるはずもなく、その時その時で
男子部の先輩や同級生が、ベンチでみて指示をくれるという感じでした。

普段の練習は、幹部(と呼ばれる、キャプテンのいる学年とその前後の学年)で
年に2回の大きな大会や、対抗戦などを見据えて、メニューを考えていました。
結構な成績を残すような高校バスケを経験していたのは少数だったので
バスケットの戦術や必要な練習などを考える時には、
高校時代の”貯金”が役に立ちましたし
それにプラスして、男子部や外部からの参加者の意見を聞いていました。
書いているだけで、懐かしくなりますね~

キャプテン時代は、戦術がチームにフィットしているのか、
試合に出られないメンバーのモチベーションをどう保つか
納得の成績が残せるか・・・など、いつも考えていたように思います。
(頑張った分、自慢できることには、
このチームで日本を5つ位に分けて行われる地方大会で何度も準優勝だった事ですし、
個人としても、ラッキーなことに得点王やベストファイブを経験できた事です^^)

バスケのために考える内容が、貧相にゞ


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

家族ゲーム [趣味]

またまた、読書記録です。

小説「家族ゲーム」です。

家族ゲーム (集英社文庫)

家族ゲーム (集英社文庫)

  • 作者: 本間 洋平
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1984/03/19
  • メディア: 文庫



高校受験をマテリアルとして、家族のあり方や役割、
そういった家族を取り囲む社会を見せてくれる作品です。
社会や環境の歪みのようなものを、思春期の視点で感じさせてくれました。

大分前に読んだのですが、読み返してみると
自分の環境が変わっている分、最初に読んだ時とは色々と印象が違います。

今の方が発達障害のこども達に接する事が増えているためか、
主人公“おとうと”の、奇抜な性質に加えて
主人公の一人(なのだと思いますが‥)、“ぼく”の特性も気になったりしますゞ

実写化されているそうです


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

55歳からのハローライフ [趣味]

ここ数年は、なかなか”自分の時間”がなくて、
最近はゆっくり読書に時間をとれない、悲しい環境にいますので
(以前からと言えば確かにそんな気もしますが)
読書欲を満たす時には、どうしても短編集に手が伸びます(^^ゞ

最近読んだ、この短編集は良かったです。
村上龍さんの作品は、昔の小説ももともと好きでしたが
今回の作品、おそらく作家の描きたい部分が、今の私の琴線に触れまくり
今のところ、この短編集が私の”村上龍ベストワン”という気分です。

55歳からのハローライフ


続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

回転木馬のデッドヒート [趣味]

ひさびさに、読んだ本の記録です。
とても有名な本なので、記録するまでもないかもしれませんが(^^;
村上春樹の短編小説集「回転木馬のデッド・ヒート」です。


回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)

回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/10/15
  • メディア: 文庫



その後の村上春樹作品のベースになっているのが分かるような短編も収録されています。
現実的でもあり、非現実的でもあり。
初めて読んだときに、なんだか不思議な気持ちになったのを覚えています。

これは村上氏が他人から聞いた話をまとめたものだそうで
まとまりがあるようで、ないようで・・・

好き嫌いはあるかもしれない


F1 シーズン開幕! [趣味]

長いDMDシリーズが終わって、ひと段落していますので、今日も雑感記事です(^^)

昨夕はテレビ(BS)で、F1オーストラリアグランプリを放送していました。
いよいよ今シーズの開幕です。ワクワクします。

昨シーズンまで2シーズン続けて、雨天でのオーストラリアGP開幕戦でしたが
今大会はお天気には恵まれ、平和になるか…と思っていましたが
終わってみれば完走11台の波乱のレースになりましたね。

メルセデスチームが予選から危なげなく、1・2フィニッシュを決めて
大量ポイントをゲットしました。


しかし私の注目は、どうしても日本絡みのニュースです。
今シーズンは日本人ドライバーがいませんので、やはりホンダエンジンの復活です(^^)
マクラーレン・ホンダ。以前からのF1ファンには、堪らない響きですね。

しかし、ブランクが長いという事はこんなにも大きな影響があるのか‥と
思わずにはいられない予選の走りでした。
初戦だから~と長い目で見ると自身に言い聞かせていたものの
やはり決勝は「走りきれるだろうか…」と心配しながら見ていました。
結果、バトン選手が完走11台のうちの1台となりました。
ポイントは取れなかったものの、ほっとした気持ちになりました。

左リアの悲劇?


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ダッチ料理 ~焼き栗 [趣味]

休日の定番、雑感・趣味記事としては、
先日に引き続き2連続となるダッチオーブンレシピです。
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-25

今日は、まさにこの時期の季節もの!!
ダッチオーブンで作る焼き栗のレシピです。
(…たまには写真を撮り忘れず、掲載したいものです^^)

これまた、鍋にオマカセの超簡単レシピですv(^^)v
1、栗は洗って水気をふいておく。
2、はじけるのを予防するために、栗の鬼皮の底部に切り込みを入れる。
3、ダッチオーブンに入れてふたをし、ガスコンロにかける。
4、弱火で、約20分加熱する。

ただ、これだけ!
鬼皮や渋皮をむいて料理に使うも良し。
半分に割ってスプーンでくりぬいて食べるも良し。

食卓で秋を満喫できますね(*^o^*)
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ダッチ料理 ~鯛めし [趣味]

かーなり久々になりますが、ダッチオーブンレシピです。
記事にするのはとても久しぶりですが
ダッチオーブンでの料理は、相変わらず続けています。

春から秋にかけては、ホームパーティや
職場で子供たちに料理をふるまうイベントの時に下火のみでの調理が多いですが
冬になると、火鉢で炭火を使う様になるので
上火も使った、本当のオーブン料理を作れるので楽しみです。


とはいえ、今日のレシピは
下火だけでできる、キッチンダッチのレシピ!

ここのところ数回作って、いずれも好評だった”鯛めし”です。

レシピというのもはばかられますが…


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

アジア大会、熱戦続く! [趣味]

アジア大会。メダルラッシュに沸いていますね。

”世界で戦う日本スポーツ!”との勝手なイメージから
ローカルなアジア大会でのメダルは当たり前の様に思っていましたが
どうも思い違いのようで、過去最高に近づきつつあるそうです。
すでに28個の金メダル☆すごいですね!
http://www.joc.or.jp/games/asia/2014/japan/sports/?sjag_page=jpnmedalist

競技日程をみてみると、まだまだ熱戦は続き
http://www.joc.or.jp/games/asia/2014/schedule/
あと1週間は、ワクワクできるスポーツ観戦が続けられそうです。

メダルが期待できる競技も目白押しで
スポーツニュースから目が離せませんね。

バスケの今後


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。