So-net無料ブログ作成
検索選択

初めて執刀する手術 [雑感]

いつも平日には勉強記事を書くよう心掛けていますが、
今日は雑感記事として、志の備忘録を記しておきます(^^)

今日も早朝から手術でした。
早起きには慣れているので問題ありません。

あえて問題にするとすれば、その術式。
現在の私が取り扱う分野では比較的高い難易度のもので
しかも最近あまり行っていない手術でした。
(内容については、勉強記事としていずれ別記事にします)

主治医でもなく、術式としての難易度も高く、
手術の中でフレキシブルな部分の詳細も決まるのが直前でしたので
「ちゃんと助手ができる様に復習して臨まなくっちゃ!」と思っていました。

※手術をするときには、執刀医以外に
助手といって一緒に手術をする医師がいます。
医療系ドラマなどで良く見ますよね。

ところが!
なんと前日の昼食時に、主治医で先輩にあたるドクターから驚愕の発言が!!
「先生、明日の手術だけど、執刀する?」

数年前に、その術式の一部を執刀し
メインの部分に関しては、変法的な手術の助手を2例しただけ…
まだ詳細も決まっていない…
何より、難しいのに、助手が務まるように!との勉強もまだ1~2割だった…

そんな状況だったのに
「え!良いんですか!?でも執刀する勉強間に合いますかね?」
と前向きな返事が口をついていました。

以後、2人の会話はこうでした。
先輩Dr.「え?見たことあるでしょ?そもそも手術入るんだから勉強してるでしょ?」
わたし「いや~、助手をしたのは数年前に2例あった時だけですし。
    それから言い辛いんですが、助手としての勉強を始めたところで…」
先輩Dr.「は~!?助手としての勉強ってなんだよ。
いつでも執刀するつもりで勉強せんかい!!」

おっしゃる通りです


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。