So-net無料ブログ作成
検索選択

FAIの診断・X線像 cam type [医学~臨床]

股関節痛の原因の一つ、FAI; FemoroAcetabular Impingementを、
難しそう…と敬遠せず頑張って勉強するぞー! シリーズです^^

FAIの原因によるタイプ分類は以下の通りです。
 大腿骨側が原因→cam type; カム
 臼蓋側が原因→pincer type; ピンサー
 2つの原因が併存→combined type; コンバインド
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-04-09では
間違っていましたので、再度確認です(^^ゞ


前回は、FAIの診断方法のうち、理学所見について勉強しました。
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-04-15

今日は、理学所見からFAIを疑った時、一般的には
次に検査することになる、単純X線像を勉強します。

理学所見でのimpingement sign(test)や運動時痛などは
各種FAIで共通して見られがちな症状でしたが、
X線像では原因のタイプ別に、見るべきポイントが違ってきます。

FAI診断で注目するポイントは?


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。