So-net無料ブログ作成
検索選択

FAIの診断 [医学~臨床]

FAI; FemoroAcetabular Impingementを、
難しそうだからと敬遠せずに、頑張って勉強するぞー! シリーズです。

FAIの、原因によって2~3つのタイプに分類される事を勉強しました。
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-04-09
 大腿骨側が原因→cam type; カム
 臼蓋側が原因→pincer type; ピンサー
 2つの原因が併存→mix type; ミックス

しかし早速、間違っていました。
合併したタイプは、combined type; コンバインド と呼ぶそうですm(_ _)m
やはり敬遠していた分!?この記載は違うのでは?というアンテナも働きづらかった…
(ただの言い訳ですm(__)m) 申し訳ありません。

さて気を取り直して…
今日は、FAIの診断方法について勉強していきます。

まずはFAIを疑うきっかけとしても重要になる、理学所見から。
症状・誘発テストです。
いずれのタイプでも見られることの多い症状・誘発法といえます。

自他覚症状!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。