So-net無料ブログ作成
検索選択

FAIのタイプ [医学~臨床]

前回から、FAI; FemoroAcetabular Impingementについて
敬遠せずに(^^; 頑張って勉強するぞー(^^)! シリーズをはじめました。

まずはFAIのタイプ分けについてです。
前回、FAIとは股関節で大腿骨と臼蓋との間に衝突や挟み込みが起こる病態、と勉強しましたが
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-04-07
その原因によって、2(ないしは3)つにタイプ分けされています。

まず大腿骨側に原因があって起こるFAI。
次に臼蓋側に原因があって起こるFAI。
そしてFAIを3つに分類するときにはこの2つが併存するタイプが加わります。

それぞれ、呼び名が以下のように決まっています。
大腿骨側が原因→cam type; カム
臼蓋側が原因→pincer type; ピンサー
2つの原因が併存→mix type; ミックス

それぞれ、どんな原因?


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。