So-net無料ブログ作成

抱っこひもでの窒息を防ぐために [小児の発達]

こどもはもともと、体の構造的に窒息しやすい事を勉強しました。
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-03-26

頭の割合が大きいので普通に寝ていても前屈位になりますし
気道は細く短くカーブがきつい構造なので、
大人では普通に思える姿勢でも、子供が窒息する可能性があるのでした。

そんなこども達を抱っこひもで抱っこやおんぶする時に
窒息を防止するためには、どうしたらよいでしょう?

特に乳児では、背中のラインと後頭部のラインが一直線になる格好
(つまり平らな床にあおむけに寝かせているのと同じ姿勢)では、
大人では頭頸部を前屈させているのと同じ状態となり、
容易に気道が閉塞される状態になっています。

では反対に、頭頸部を後屈させれば良いかといえば、そういう訳でもありません。
顎や頸のレベルでは、気道周囲の軟部組織(いわゆる“お肉”と言われる部分)が分厚く
今度は前方から軟部組織が気道を圧迫しかねません。

ほんとうに乳児をはじめとするこども達の気道を
安全に、かつ長時間にわたって正常に保つのは難しいものですね。

どうしたらいいの?


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び