So-net無料ブログ作成
検索選択

ダウン症の環軸椎亜脱臼5 [小児の発達]

ダウン症の身体の特徴の中でも
AAI; Atlantoaxial instability 環軸椎不安定症、
別名Atlantoaxial subluxation環軸椎亜脱臼について勉強中です。

前回記事でも記したとおりhttp://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-08-03
学会の期日が迫り、追い込まれてますので(^^;
ちゃんと勉強時間を確保して、ブログ記事にして知識を整理します!

前回から読んでいる論文は
1998年のArch. Pediatr. Adresc. Medという雑誌の
「Should Children With Down Syndrome Be Screened for Atlantoaxial Instability?」
タイトルのものです(Vol.152, pp123-125, Feb 1998)。

前回記事までにすでに勉強しましたが、
1995年のAAIとダウン症児のスポーツ参加に関するReviewをうけて
「AAIのスクリーニングのために、スペシャルオリンピック参加前には
頸椎側面のX線像を撮影するよう勧める」との勧告が取り消しになったのですが
この論文は、そのReviewに対する反論の様です。

「1995年のReviewでは、たったの41ケースしか報告していないが
最近の医学論文サーチによると症候性AAIは126ケースも報告されている」
とか
「症候性AAIはダウン症の1~2%に見られるが、
これは他のルーチンでスクリーニングが行われる病気に比べて少なくない
(例えばフェニルケトン尿症、ホモシスチン尿症、メイプルシロップ尿症など)」
とか
「AAIのX線評価は再現性に乏しいと記しているが、
我々のデータでは、きちんとしたプロトコールを使って撮影することで
ほとんど誤差のない結果が出ている」
とか。


全くの私見ながら、予想以上に"敵意むきだし"な表現?で興味をひきます。
そのため、この論文の各段落の書き出しのほとんどが
「1995年の勧告では・・・と言っているが~」となっているのも、面白いです。

次回の記事で、もう少しこの論文の言いたい内容をよく読みこんでいきたいと思います。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。