So-net無料ブログ作成

新人研修会 [講習会]

今勤めている病院は、正職員数が100を超えるのですが
毎年さまざまな職種の職員を、新採・異動等で”新人”として迎えます。

その”新人”研修ですが、特に新採職員は
まず病院の母体組織全体での新人研修(社会人とは。。等々)に引き続き、
実際の職場となる病院でのoff the job研修が行われています。

その実技研修の一つとして、CPR+AED講習があり
毎年その部分を担当しています。
今年もその研修会を無事に終了した所です。

詳細はあまりよく分かっていないのですが(^^;
今年は新採職員の、専門職免許状の確認が遅れるとか何とかで
例年よりも1か月ほど遅い開催となりました。

にもかかわらず、準備を始めるのは研修会当日より10日ほど前ですので
バタバタして取り組むことになったのは、変わりありませんでした^^ゞ

たった1時間で、実技を中心に行う研修会ですので
「胸骨圧迫だけはきちんと!AEDは体験してみる。その他は他の講習会の案内をする」
と、毎回のコンセプトは変わらずに戦略を練りました。

しかし、今年は今までになく満足度の高い講習になりました。

そのカギは、参加人数です。
いつもは看護学生さんや理学療法・作業療法・言語聴覚療法の学生さんなど
本来の研修対象である”新人”とは違うけれども
ぜひCPRやAED操作を身につけてほしい!という方々も
所属する部署長の厚意で参加されていました。

そのため、人数が20人を超え
一方の指導側はBLSプロバイダーの2~3人。
マネキンだけは4人に1体くらいは用意します!というスタイルになっていました。

今年は、時期がずれたことが幸いし
参加は”新人”だけに限られ、しかも業務で来られない専門職数名を除いて
研修対象者は8人と少数でしたし、
指導側も少し余裕があったようで私を含めて4人でした。
(本来5人の予定でしたが、病欠で1人減って4人。それでも余裕でした^^)
1:2の比率でしたので、指導も質問も充実していたのでした。

マネキンも2体あれば十分でしたので
院外から借用する必要もなく、非常にコンパクトに開催できて
昨年までは借用返却に費やしていた時間を
講習内容を練るのに使う事ができたのも、満足度の上がった要因だと思います。

これに満足せず、来年も頑張ります。
来年はガイドライン変更後の講習になるはずなので
少し工夫が必要なはず!
早めに準備に取り掛かるのを課題にしておきます(^^)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0