So-net無料ブログ作成

FAIの治療方法 [医学~臨床]

苦手…からの脱却のために(^^; ここ最近の勉強記事でつづってきた
FAIを敬遠せず頑張って勉強するぞ! シリーズ ですが、
今日でいったん終了予定。ふーっと一息、という気分ですゞ

最後の今回は、FAIになったら、どう治療をするのかについてお勉強します。
でも実際に治療に携わったことはないので、概要的な内容になります(^^)

FAIの治療を考える際に、第一選択は原因部分の治療です。

cam typeのFAIでは、球面でない骨頭部分が臼蓋にぶつかるのが原因なら
この骨頭の非球面部分; bumpを切除する、という手術が治療法になります。
pincer type FAIで臼蓋が外側に余分に形成され原因になっているなら
その寛骨臼縁を切除するのが、原因の治療になります。

その他、臼蓋形成不全から関節唇損傷(断裂)を来していて
その部分に骨頭がはまり込む様なpincer type FAIならば
関節唇切除あるいは縫合術が行われます。

原因の治療を行う場合に、その方法としては
大きく皮膚を切開して処置する手技に加え、
関節鏡による鏡視下手術も、広く行われる様になっているようです。

鏡視下手術は、体への負担(侵襲)が少なく回復が早いのが最大のメリットですが
そのテクニックは、経験のない医師にはかなり難しいようです。


一方、原因の治療が困難な場合には
対症療法としての治療もおこなわれています。
一般的な除痛・可動域改善のために、理学療法や薬物療法は広く行われますが、
根本治療の一環として、可動域を適切化するための骨切り手術なども行われます。

またFAI発症の予防として、盲点になりそうでかつ大切なのは
子供のうちに発症する疾患に関して、治療法の工夫を行うなども行われています。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。