So-net無料ブログ作成
検索選択

FAIになりやすい子供の病気4 [医学~臨床]

股関節の痛みや可動域制限によって、運動や日常生活に支障が出る
”FAI; FemoroAcetabular Impingement”を、
難しそう、と敬遠せず^^;頑張って勉強するぞ! シリーズ(^^)

FAIのタイプ分類は毎回書いてるうちに、さすがに覚えました^^
 大腿骨→cam type, 臼蓋→pincer type, 併存→combined type

FAIを引き起こしやすい、こども期に罹る疾患を勉強しています。
先週までに勉強した、大腿骨頭すべり症・ペルテス病に続き
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-04-30
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-05-07
前回と今回は、発育性(先天性)股関節脱臼;DDHです。

前回にも出した治療を行う前の脱臼している状態の、X線画像です。
今日は初めて見て、答えられなかった学生さんのために(!?)
脱臼しているのはどちらでしょう?という質問の回答もつけておきます^^

LCC2.png
こちらは左側(画面向かって、みぎがわ)の完全脱臼。
高位脱臼と言って良いかと思います。治療が大変な脱臼です。

LCC1.png
こちらは右側(画面向かって、ひだりがわ)の脱臼ですね。

こういった脱臼に対して標準的なDDH治療を行った後でも起こりうる、
亜脱臼・臼蓋形成不全・ペルテス様変化などが
その後、こどもが成長した過程をフォローしてみると、FAIと関係する事が分かっています。

臼蓋形成不全が残った場合には、関節唇損傷を介して
pincer typeのFAIの原因になりうることを前回勉強しました。
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-05-12

一方、DDHの治療後に骨頭変形(≒ペルテス様変化)がある場合には
cam typeのFAIの原因にもなりえます。

DDHの治療として観血的整復手術と、それを行った後の
ペルテス様変化については以前勉強しましたが、
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2012-01-16 から
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2012-01-20
このペルテス様変化は、大腿骨頭の変形そのものですから
cam typeのFAIを引き起こしうることは容易に想像できますね。

臼蓋形成不全+ペルテス様変化なんて悲しい事になると、
combined typeのFAIが起こるリスクがかなり高いと言えるかもしれません。
そういう意味では、DDHは全てのタイプのFAIの原因となりうるのですね。

DDHをうまく治療・管理していくのは、本当に大切なことですね。
またその治療の評価として″FAIの原因になるかもしれない″という視点を持っておくことも
治療を行う立場としては非常に重要だと感じます!
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0