So-net無料ブログ作成
検索選択

FAIになりやすい子供の病気3 [医学~臨床]

股関節の痛みや可動域制限の原因になる
”FAI; FemoroAcetabular Impingement”を、
難しそう、と敬遠せず^^;頑張って勉強するぞ! シリーズ(^^)

FAIのタイプ分類は毎回書いてるうちに、さすがに覚えました^^
 大腿骨→cam type, 臼蓋→pincer type, 併存→combined type

FAIを引き起こしやすい、こどもの時期に罹る疾患を勉強しています。
先週までに勉強した、大腿骨頭すべり症・ペルテス病に続き
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-04-30
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-05-07
今日は、発育性(先天性)股関節脱臼、DDHです。

治療を行う前の脱臼している状態の、X線画像です。
(どちらが脱臼しているか、分かりますか?と、学生によく尋ねます^^)
LCC2.png
LCC1.png

治療を適切に行っても、亜脱臼・臼蓋形成不全・ペルテス様変化などは
少ないながらも起こりうる合併症(後遺症?)です。

臼蓋形成不全が残ると、pincer typeのFAIになりえます。

臼蓋形成不全の画像を見てみましょう。
臼蓋形成不全.JPG

荷重がかかるときに天井部分として支えになる臼蓋ですが
その被りが不十分な状態を臼蓋不全と呼びます。
上の画像は両側ともに臼蓋不全が著しく
骨性臼蓋がほとんど骨頭の天井になりきれていませんね。

このような骨性臼蓋で覆いきれない場合、股関節の天井を担うのは
骨性臼蓋の外側に存在する関節唇という事になる訳ですが、骨ほどの強度はないため
荷重や関節運動から過剰ストレスがかかり、関節唇損傷を来すことにつながります。
この損傷部に骨頭が挟まりこんだりして、痛みや可動域制限が出ます。

厳密に言えば、臼蓋の骨と骨頭とがぶつかる訳ではないFAIですが、
臼蓋側に問題があるのでpincer typeと言ってよいと思います。

その他のタイプのFAIにもなりうるのですが、
長くなってしまいましたので、次回に続きます!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。