So-net無料ブログ作成
検索選択

FAIの診断・X線像 cam type [医学~臨床]

股関節痛の原因の一つ、FAI; FemoroAcetabular Impingementを、
難しそう…と敬遠せず頑張って勉強するぞー! シリーズです^^

FAIの原因によるタイプ分類は以下の通りです。
 大腿骨側が原因→cam type; カム
 臼蓋側が原因→pincer type; ピンサー
 2つの原因が併存→combined type; コンバインド
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-04-09では
間違っていましたので、再度確認です(^^ゞ


前回は、FAIの診断方法のうち、理学所見について勉強しました。
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-04-15

今日は、理学所見からFAIを疑った時、一般的には
次に検査することになる、単純X線像を勉強します。

理学所見でのimpingement sign(test)や運動時痛などは
各種FAIで共通して見られがちな症状でしたが、
X線像では原因のタイプ別に、見るべきポイントが違ってきます。

代表的な注目ポイントは、以下の通りです。

まず、cam typeから。
股関節正面像では、大腿骨頸部外側のくびれが減少する“pistol grip deformity”が有名です。
非球形骨頭の指標になるとされています。
スムーズな球形でない骨頭では、臼蓋との衝突が容易に想像できます。

また、大腿骨軸写像という撮影方向で撮られたX線像では
前方のhead-neck junction部に注目します。
この部分に“骨膨隆像hump”があると、FAIの原因となります。
屈曲するとhumpが前方臼蓋にぶつかってしまう事が推測されます。

同じく軸写像で、α角というのを計測するのも良い方法です。
骨頭中心と骨頭曲率変化点を結んだ線と、頸部軸の線とのなす角です。
α角>60°では、cam type impingementを生じやすいとされます。
α角が大きいとは、骨頭の浅い(臼蓋に近い)部分に非球面部があるのを意味し
その部分が臼蓋と衝突するという事ですね。


各ポイントと、その自分なりの解釈を書いていたら、長くなってしまいました(^^ゞ
pincer typeでのX線像で注目すべきポイントは別記事で。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0