So-net無料ブログ作成
検索選択

FAIの診断 [医学~臨床]

FAI; FemoroAcetabular Impingementを、
難しそうだからと敬遠せずに、頑張って勉強するぞー! シリーズです。

FAIの、原因によって2~3つのタイプに分類される事を勉強しました。
http://mainichi-benkyou.blog.so-net.ne.jp/2015-04-09
 大腿骨側が原因→cam type; カム
 臼蓋側が原因→pincer type; ピンサー
 2つの原因が併存→mix type; ミックス

しかし早速、間違っていました。
合併したタイプは、combined type; コンバインド と呼ぶそうですm(_ _)m
やはり敬遠していた分!?この記載は違うのでは?というアンテナも働きづらかった…
(ただの言い訳ですm(__)m) 申し訳ありません。

さて気を取り直して…
今日は、FAIの診断方法について勉強していきます。

まずはFAIを疑うきっかけとしても重要になる、理学所見から。
症状・誘発テストです。
いずれのタイプでも見られることの多い症状・誘発法といえます。

自覚症状は、運動時の股関節痛が多いようです。
とくにしゃがみこみ、下肢を振り上げたときなどによく見られます。

また、股関節を曲げた時に痛みがあるため
長座位(長座り、両下肢を伸ばして座る格好)で座る際には
後ろに手を着かないとできなくなったりします。
長座位で後ろに手を着くと、骨盤を後ろに傾けることになり、
股関節の前方でのインピンジから逃げられる訳です。


他覚症状としては、インピンジメントサインが有名です。
肢位を変えてインピンジを誘発させ、痛みが出たら陽性とするものです。

FAIは股関節全面で起こることがほとんどなので
股関節を屈曲90°+内旋+内転にすると、痛みが出ます。


これらの症状がある時にFAIを疑い、
FAIの診断に必要な画像検査などを見ていくことになります。
画像検査については、別記事で勉強をしていきます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。