So-net無料ブログ作成
検索選択

嬉しかった事 [講習会]

今日も日直をしています。
幸いな事に、こども達の感染症もさほどの猛威を感じずに
この冬をやり過ごせそうな雰囲気で、平和な勤務になっています。
(まだまだ油断禁物!ではありますが…^^)

さて、少し前になりますが、心肺蘇生法の講習会(AHA-BLS)で
かなり久しぶりに、ブース担当のインストラクターをやりました。
そこで、とても嬉しい事がありました。
忘れないように、記事として残しておきたいと思います。

AHA-BLSのブース担当インスト自体は久々ながらも
良くできたコースマテリアルと、教える内容をなるべくそぎ落としたシンプルな内容ですし
このコースがリリースされた頃に嫌というほど(!?)マテリアルに馴染んだ経験もあり
インストラクションすることにはあまり不安はありませんでした。
(久々にACLSや他のコースのインストをするときにはもっと心配なものですゞ)

担当した受講生は3人。
開業していらっしゃるドクターと、地方の救急病院のナースと、
精神科病院の認知症病棟で看護助手をされている方。
職種も経験もバラバラでしたが、共通するのは
「Off the job trainingは全くの初めてです」という経験値でした。

ちょっと大変になるかも知れない…と思ってはいましたが
ドクターが少し開始時間に遅れて来られて萎縮気味に開始となったり
看護助手さんには少し難しい医学用語があったりして
やはり少しいつも以上の配慮が必要な一日となりました。

しかし、自然と3人のチームワークが良くなって来られ
休憩時間にもお互いに声を掛け合って練習をされたりして
結果的に皆さんとても優秀な技術・知識を身につけられて修了されました。

ほっと一安心して、受講生の帰り支度を見守っているところで、
その嬉しい出来事は起こりました(^^)

担当したドクターの受講生から、帰り際にこんな言葉をかけていただいたのです。

「もしかしたら、ほめ方のお作法なんかがあるのかもしれませんが…
先生にはすごく上手に褒めていただいて、私自身のせて貰いながら
気持ち良く、しかも上手くなったと実感して一日を終えられました。
先生に担当して貰って本当に良かったです。これからも頑張ってください。」

その日のスタートは、少し遅れて来られたことを気にされて
他のコース参加者にとても気を遣っていらしたため
早くリラックスして参加いただきたいとは思っていましたが、
だからと言って、特別に無理してほめた訳ではなく、
BLSでいつもする通りにインストラクションしただけでしたので
実はこの言葉は、意外なものでもありました。

『ありがとうございます、光栄です。』
その場で発する事ができたのは、この程度の言葉だけでしたが
本当に沁みるほど嬉しかったのでした。

単純に、嬉しかった事。
しかし、初心を忘れず続けていくことを思い起こさせてくれた事。

長く続けている活動でも、節目節目に何かしら良い事があって
それでまた続けて行けるんだよね、と再認した出来事でした(^^)
講習会関係でも、また忙しい日々が予想されていますが
この出来事をモチベーションにして、また頑張りたいと思います(^^)/
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。