So-net無料ブログ作成
検索選択

先天性股関節脱臼~概論 [医学~臨床]

先天性股関節脱臼Congenital Dislocation of the Hip; CDHという病気(病態)があります。

股関節脱臼ですから、脚の付け根の関節である“股関節”が“はずれた”状態です。
股関節は大腿骨の骨頭(ボール)と骨盤側の臼蓋(お椀型の受け皿)でできていて
ボールがきちんと受け皿に収まっていない状態を脱臼あるいは亜脱臼といいます。

“先天性”とは「生まれつき」という意味ですが
CDHはその多くが、出生後の早期に脱臼が起こりますので
発育性股関節形成不全(脱臼)Developmental Dysplasia(Dislocation) of the Hip; DDH
と呼ぶのが妥当だとの意見がほとんどです。
(といっても保険診療上の病名はやはり先天性股関節脱臼ですが・・・)

CDHの多くを占める、出生後に脱臼が起こる場合DDHには
脱臼準備状態(関節弛緩)に環境要因(育て方など)が加わって起こるとされています。
真のCDHは結合組織の形成異常や先天疾患などの合併で
胎生期から脱臼している状態ですが、頻度は少ないです。

治療対象は、まずは3~4ヵ月の乳児です。
時には1歳以降の歩行開始後に見つかることもあります。
(この場合はより侵襲的治療が必要になります)

生後3~4ヵ月での乳児健診に、先天性股関節脱臼のチェックが含まれています。
チェック項目については別記事にしたいと思います。

健診で要精査と判断されて受診される患者さんは、多くは生後3~4ヵ月ですから
当然保護者の方が連れてらっしゃる訳ですが、
よく「股関節脱臼疑いと言われて来ました。でも全然痛がらないんですよ」と仰います。

“股関節脱臼”というと、外傷による関節脱臼のイメージが強いらしいのですが
急に強制的に脱臼するのとは違い、脱臼していても痛みはなく
残念ながら見逃されて1歳近くに成長すると、自立して歩いている子もいます。

「痛くないし歩けるなら、別に構わないんじゃない?」と思いそうなものですが
その後の経過を診るととても放っておけない病気です!!
しばらく、先天性股関節脱臼シリーズとして勉強していきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。